WindowsServer2019でWSLを使う

WindowsServer2019でWSLを使うUbuntu18.04をインストールし、Linuxのコマンドを使う

PowerShellを起動して

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

を実行する

WSL用Ubuntu18.04のダウンロード
https://aka.ms/wsl-ubuntu-1804

ファイルの拡張子をzipに変える

zipを解凍してsetup.exeを実行する

wsl

だけをコマンドプロンプトで実行するとUbuntuにログインした状態になる

バッチなどに組み込みたい場合、

wsl df

などで実行できる

注意点はパイプで

wsl df | grep root | awk -F’ ‘ ‘{print $5}’

ではなく

wsl.exe df | wsl grep root | wsl awk -F’ ‘ ‘{print $5}’

と書く

*WSLはユーザ単位でのインストールになるため、別ユーザやジョブ管理システムで実行する場合はrunasなどでWSLインストールしたユーザへ切り替える必要がある

Was this article helpful?

Related Articles

Leave A Comment?