JobScheduler 1.13をWindows環境で構築する

用意したファイル

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html
「jdk-8u231-windows-x64.exe」

https://downloads.mariadb.org/mariadb/10.4.8/
「mariadb-10.4.8-winx64.msi」

https://www.sos-berlin.com/jobscheduler-downloads
「jobscheduler_windows-x64.1.13.0.zip」
「joc_windows.1.13.0.zip」

上から順にインストールするだけ(mariaDBインストール後に空のDBを作成する必要がある)で
http://hostname:4446/
にアクセスすればJOCと呼ばれる主にステータス表示とジョブのテスト実行できるサイトが表示できる

XMLファイルを自分で書いてジョブを作ることも可能ですが手間かかるので
「jobscheduler_windows-x64_joe.1.13.0.zip」
もダウンロードすると便利

JOEではOpen LiveFolderで
C:\ProgramData\sos-berlin.com\jobscheduler\name_4444\config\live
などのディレクトリを指定する。LAN内のリモートでジョブ編集をするのであればファイル共有などでドライブマウントして開くと便利

Was this article helpful?

Related Articles

Leave A Comment?